一日葬プラン

  • 一日葬プラン
一日葬は、通夜を行わない葬儀形式です。
告別式・出棺を主体として考え、1日で葬儀を済ますので、ご家族が体力的・精神的に負担を軽減できる事や、
遠方から参列する方の宿泊費などのご負担を考えて、お選びになる方におすすめです。
最近では札幌でも一日葬をお選びされる方がとても増えています。

北のお葬式の強み

葬儀の仲介会社 一般的な葬儀社・互助会 北のお葬式
電話のご対応 自社スタッフ対応 自社スタッフ対応
(夜間は下請けの場合がある)
いつでも
自社スタッフ対応
お迎え・ご安置 下請け業者対応 自社スタッフ対応
(下請けの場合がある)
自社スタッフ対応
葬儀スタッフ 下請け業者対応 自社スタッフ対応 自社スタッフ対応
ご葬儀の品質 普通 普通 非常に高い
ご葬儀後の
フォロー
サポートなし 自社スタッフ対応
(サポートがない場合もある)
自社スタッフ対応
費用 安い 高い 品質が高いのに安い
地域性 詳しくない 地元なので詳しい 地元なので詳しい
個別の相談
(対面)
サポートなし 自社スタッフ対応
(夜間はやっていない場合がある)
自社スタッフ対応
(24時間365日対応)
斎場・葬儀場 自社で設備がない 自社設備あり 一部自社設備あり

お気軽にお問い合わせ下さい

お急ぎの方へ

0120-466-550

24時間365日深夜・早朝でも対応いたします

0120-466-550 お電話は、24時間365日対応しております こちらを押してお電話下さい

私たち専門スタッフが承ります

  • 竹本 学

    竹本 学

  • 竹本 学

    木村 聡宏

  • 竹本 学

    二唐 渚

深夜・早朝も、自社社員が常駐しているので、
事前のご相談がなくても、すぐに対応可能です。

対面相談ご希望なら
ご指定の場所へ当日から
お伺い致します。

事前相談・資料請求を
ご希望の方へ

葬儀に関する不安やご要望は
お気軽にご連絡ください。

  • 費用のことがよくわからない
  • 身内だけでひっそりと葬儀をしたい
  • 自宅で葬儀をしたい
  • 最適な式場を探したい
  • など

WEBからのお問い合わせで
5,000円分葬儀費用
割引券を進呈!

一日葬の流れ

  • お問合わせ

    1お問合わせ

    お急ぎの方、事前の準備がない方でも安心です。

    専門のスタッフが24時間常駐してお電話を受け付けていますので、お手すきのタイミングでご連絡ください。 深夜・早朝・土日祝日でも弊社スタッフが病院や施設などにお迎えにお伺いいたします。
    病院または医師から死亡診断書(検案書)をお受け取りください。
    ※病院から葬儀社を紹介される場合もございますが、依頼する必要はございませんので、ご安心ください。

    0120-466-550 お電話は、24時間365日対応しております

  • ご搬送、ご安置

    2ご搬送、ご安置

    当社指定の安置施設にご安置いたします

    病院から指定の場所へ寝台車にてお迎えにあがります。故人様をご自宅もしくは施設の霊安室へご安置いたします。 ご自宅にご安置される場合は、事前にお布団をご用意くださいませ。 ご安置後に枕飾りやお線香などの供養道具をご用意いたします。

  • お見積り

    3お見積り

    ご契約前に必ずお見積をお出しします

    葬儀の形式や内容、通夜・葬儀の日時や式場をお客様のご都合に合わあせて、ご提案させていただきながら、決定いたします。 内容がある程度確定した後に、お見積をご提出いたします。死亡診断書・ご印鑑・故人様のお写真(遺影に使用するもの)をご用意くださいませ。

  • 葬儀・告別式

    4葬儀・告別式

    故人を弔う宗教儀式である葬儀、また故人と親交のあった方々が最後のお別れをする告別式を続けて行います。尚仏式の場合、お焼香はご家族様、ご参列者様の順番に行います。また受付やご参列者様の接待方法、喪主様のご挨拶などは、事前にアドバイスさせていただきますので、 ご安心くださいませ。

  • 火葬・拾骨

    5火葬・拾骨

    火葬時間は1時間〜1時間半程度で終わります。 火葬の最中は、ご遺族様は控室にてお待ちいただきます。火葬後にご遺骨を骨壺に納めます。 ※現地の火葬場集合、現地火葬場で解散となります。

  • 精進落し・初七日

    6精進落し・初七日

    火葬中やご拾骨後に精進落としを行います。 お世話になった方へのお礼の意味もございますので、ご参列いただいた方には、 早めのお声がけをお願いいたします。葬儀・告別式の日に初七日を繰上げて行う場合もございます。(繰上げ初七日)

  • 葬儀後のアフターサポート

    7葬儀後の
    アフターサポート

    お手続きなどのご不明点、ご不安などがございましたら
    何なりとお申し付けください

    ご納骨まで、ご遺骨を後飾り祭壇にご安置いたします。 お礼状や香典返しのご準備、お位牌、仏壇、お墓などの供養品にお困りの場合、サポートいたします。 また、相続、不動産などの手続きに関しても専門の担当者がサポートさせていただきます。

葬儀に関するご質問は、
お気軽にご相談ください。

0120-466-550

24時間365日深夜・早朝でも対応いたします

相談
無料

0120-466-550 お電話は、24時間365日対応しております こちらを押してお電話下さい
  • 一日葬の
    お葬式事例・アンケート

  • 一日葬の
    よくある質問

お葬式事例・アンケート一覧
  • 友引の日に葬儀はしないのですか?

    現在の友引の意味は「凶事に友を引く」、すなわち友引に葬儀をすると「故人と親しかった友人(身内)も一緒にあの世へ連れて行かれる」と考えられ、友引に葬儀を行うのは避けたいという人が多いのです。 六曜は中国の占いから来ている暦なので、仏教や神道などの宗教とは何の関係もありません…

  • 一日葬プランと家族葬プランの違いは何ですか?

    当社で指し示す1日葬プランとは通夜を除外したプランになります。告別式・出棺を主体として考え、1日で葬儀を済ますことを前提に参列者の負担軽減を図ります。家族葬プランは通夜、葬儀(告別式)と2日間で葬儀を執り行うプランになり、比較的一般的に北海道では主体とされている葬儀形式を…

  • 火葬の手続きはどのようにすればよいですか?

    ご安心ください。火葬をするために必要な火葬許可証の申請の代行も無料で行っております。※諸手続き代行が対象外のプランもございます。

  • 一日葬で葬儀を執り行う方は増えていますか?

    葬儀が一日だけなのでご家族が体力的・精神的に負担を軽減できる事や、遠方から参列する方の宿泊費などのご負担を考えて、一日葬をお選びいただく方は増えています。ただし、菩提寺のお考えによっては一日葬を受け入れない場合もあり、その後お寺への埋葬を拒否されてしまうといったケースもあ…

  • 一日葬のデメリットはありますか?

    一日葬はお通夜がないので、平日に葬儀が行われた場合は仕事や学校の関係で参列できない可能性があり、故人様と最後の別れができない人が出て来るかもしれません。このようなデメリットがあるために一日葬はご親族以外を招きにくいことがあります。一日葬で一般葬(家族・親族以外の方にもご参…

よくある質問一覧

北海道の葬儀

香典

北海道は他の地域と比べて文化が新しいことから、葬儀における風習にも違いが表れています。北海道の葬儀は相互扶助の意味合いが強く、本州では香典の1/3~1/2程度の金額の返礼品をお渡しするのに対し、北海道では1,000円前後のお茶や海苔などを即日返しでお渡しします。これは、大切な方を亡くした家族を支え、大変な時はお互いに助け合おうという考え方のもと行われてきた風習です。

通夜振舞い

北海道ならではの習慣は通夜振舞いにも見られます。本州では親族以外の一般会葬者にも振る舞われる通夜振舞いですが、北海道では親族のみが参加することが一般的です。と言っても、北海道の中でもこの習慣には差があり、函館方面では一般会葬者にも飲み物や乾物が振る舞われ、親族にはその後通夜振舞いの席が設けられます。また、北のお葬式対応エリアの恵庭市では、会葬者が帰る際にペットボトルのお茶をお渡しする習慣があります。恵庭市に隣接する北広島市や札幌市ではそのような習慣が見られず、葬儀の細部については北海道の中でも地域で異なる習慣があることがわかります。このことから、地域に密着した葬儀社を選ぶことは大切なポイントと言えるでしょう。

追善供養

北海道では火葬後葬儀会場で四十九日までの法要(追善供養)を繰り上げて行います。なぜこのような形が定着しているのかというと、北海道は広く、葬儀が終わった後の法要に改めて集まることが難しい親族も少なくなかったことに由来していると考えられます。ですから、繰り上げ法要は遠方から来られない親族のために行うもので、本来法要を行うべき時期に何もしないかといえばそうではなく、集まることが可能な家族で法要を行うことが一般的です。

ページトップへ戻る