札幌で葬儀・家族葬・お葬式なら追加費用一切不要の【北のお葬式】

  • 創業55年HBC,UHB,STVで紹介多数
  • 24時間365日対応。0120-466-550

北のお葬式
ブログ

葬式の祭壇をどのように選ぶ?種類や最近の傾向について知ろう

投稿日:2020年5月28日
葬式・葬儀の知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

北海道全域対応、札幌市の葬儀会社「北のお葬式」です。

 

近年、お葬式の形態やスタイルはどんどん自由度が高くなっています。

 

今回はその中でも「祭壇」についてのお話。

「祭壇にはどんな種類があるの?」、「どのように選べばいいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。

 

祭壇の種類や最近の傾向についてもご紹介します。

 

 

お葬式の祭壇は故人の供養のためのもの

祭壇とは、故人の供養のために設置される壇のことです。

葬儀会場の最前方に設置されます。

 

祭壇には故人の「故人の遺影写真」「供物」「供花」を飾って故人を偲び供養します。

 

祭壇の種類は様々なタイプがあり、宗旨・宗派によって形や必要な小物が違います。

 

仏式祭壇(白木祭壇)

仏式の葬儀で一般的とされている、白木で作られている祭壇。

祭壇の前には、僧侶が読経するための経机を置きます。

 

仏式の場合、位牌(故人の戒名や法名、法号、忌日が記された木の札)や灯籠なども飾ります。

 

神式祭壇

神道で使用される祭壇です。

 

神式の場合は「三種の神器」「霊璽(れいじ)」などの装飾品の他に、祭壇前に「神饌物(しんせんもの)」「幣帛(へいはく)」といった神道の儀式にならったお供え物を飾ります。

 

キリスト教祭壇

教会で葬儀が行われる場合、教会の祭壇に飾り付けます。

 

祭壇には十字架やろうそくを設置し、祭壇の周辺を生花で飾ることも。

教会によって飾り方は様々ですので、事前に確認をしましょう。

 

花祭壇・生花祭壇

たくさんの生花で飾られた「故人のためだけに作られる祭壇」です。

宗教色が薄いので、宗教にこだわらない方からも人気があります。

 

※造花などで飾られた祭壇は「造花祭壇」または「アートフラワー祭壇」とも呼ばれます。

 

 

近年は華やかな「花祭壇」が増加傾向

今までの葬儀用祭壇と言えば、伝統的な白木の祭壇が一般的でした。

 

しかし2000年頃より生花をたくさん飾り付けた花祭壇でのお葬式が増え、今では白木祭壇より花祭壇の方が主流となっているほどです。

 

その理由としては下記のように言われています。

・基本的に白木祭壇はレンタルなので、レンタル費用に何十万円もかけることに疑問を持つ人が増えたから。

・生花をたくさん使うのは費用がかかるが、最近は家族葬など小規模葬が増え、小さな祭壇が増えたので費用的にもチャレンジしやすくなったから。

・葬儀スタイルの自由度が高まり、故人や遺族の思いを反映させたいという要望が増えたから。

 

祭壇の大きさ

葬儀規模によってもふさわしい祭壇の大きさや種類は変わってきますが、段数が2~4段、横幅は5.4~7.2m程度の大きさのものが一般的なサイズです。

 

葬儀用の花

花についても葬儀用の花と言えば白い菊でしたが、最近ではピンクや赤などカラフルな花も増え、和花・洋花問わず好きな花を使うことが多くなってきています。

中でも、菊、蘭、ユリ、カーネーションなどが使われることが多いです。

 

お葬式のお花にはどんな種類が?最近の傾向や選び方」もぜひご参考ください。

 

 

オリジナリティあふれる祭壇も

近年は葬儀のスタイルも都心や歴史の浅い北海道を中心に自由度がかなり高くなってきています。

 

伝統を守ることも大切ですが「故人や遺族の想いに寄り添ったお葬式にしたい」「故人との最期の時間を悔いのないように過ごし、故人を見送りたい」という思いから、その想いを反映させた祭壇デザインが好まれるのです。

 

故人の好きな花や好きな色をふんだんに使った華やかな「花祭壇」や、趣味の道具を飾ったり故人の生前の人柄などを表わした「オリジナル祭壇」なども増えています。

 

オリジナル祭壇は無宗教形式の葬儀だけでなく、どんな宗派でも可能ですが親族などの理解を得られるか、事前に家族で相談しておきましょう。

 

最近の葬儀の傾向については「葬儀の最近の傾向は?多種多様なお葬式の形をご紹介」でもご紹介しています。

 

 

故人と遺族の想いに沿った祭壇を選びましょう

葬儀の祭壇は、宗旨・宗派によっても異なり、様々なタイプがあります。

・仏式祭壇(白木祭壇)

・神式祭壇

・キリスト教祭壇

・花祭壇や生花祭壇

 

今までは伝統的な白木祭壇が一般的でしたが、最近の傾向として華やかな「花祭壇」や故人の人となりをイメージした「オリジナル祭壇」も増えています。

 

宗旨・宗派や葬儀規模に合わせて考える必要ももちろんありますが、故人と遺族の想いに沿った葬儀ができる、気持ちのこもった祭壇を選びたいですね。